15歳の少年がファイザーワクチンを接種してから2日後に心臓発作で死亡し、アレルギー反応の病歴はありませんでした



全米のワクチン有害事象報告システムのデータによると、コロラド州の15歳の少年が、アレルギー反応の既往歴がないにもかかわらず、話題のファイザーCOVID-19ワクチンを注射されたわずか2日後に心臓発作で死亡しました。


データベースにVAERS ID 1242573として登録されているこの症例は、15歳の少年が2021年4月18日に「ファイザー/ビオンテックのワクチンを接種した」ことを明らかにしています。彼は2021年4月19日にワクチンの副反応を経験し始め、”ワクチン接種から2日後の2021年4月20日に死亡した “とされています。

VAERSデータベースでは、彼が他の病気や既往症、既知のアレルギー、先天性障害、後遺障害を持たなかったことも明らかになっている。彼は単に、話題のワクチンを接種してからちょうど2日後に「心不全」で死亡した。